地域ブランド戦略の成功例

地域ブランド戦略で大事なことは、ゆるキャラを作ることではないのではないでしょうか。成功例をいくつか見てみると、その土地に根ざした農林水産業や伝統工芸にブランドの力を加えて価値を高めるという手法があります。品質はよいものでも、発信力が足りなかったせいでよさが伝わっていないものが地方にはたくさん埋もれていることから、専門家の後押しを受けて本来の力を存分に発揮できる場を作ることでうまくいくものが多く存在しています。観光の目玉となるような建造物がなくても、地域資源を活用することにより多くの観光客を呼べるようになることも実証されています。長期的な取り組みになることから、最初はなかなか踏み出せなかったり、逆に安易に見切り発車をしてしまいがちですが、しっかりとした計画の元、着実に積み重ねていくことで地域の活性化に繋がる成功戦略を構築しましょう。

ブランドの戦略の成功した例をみてみる

ビジネスを行っていくときには、ブランドを作り上げるという戦略も有効な方法です。最近では、いろいろなものが街にあふれているため、なかなかそのようなものを作り上げることは難しいことです。しかし、実際に成功している企業というのは有るため、その例を見て参考にしていくことも有効な方法になります。このようなことを考えたときには、専門家の力を借りることも必要になることです。その業者を利用することで、非常に有効な方法で、戦略をたてていくこともできるようになるからです。いろいろな業者の意見を聞いて、納得できるところをパートナーとして採用していくことで、大きな成功を収めることができる可能性が、高くなります。これからは、戦略をもってビジネスを行っていくことが重要になります。そのために必要なパートナーをしっかり探していくことが、さらに重要なことになるでしょう。

携帯キャリアではブランド向上の戦略が成功した例に

携帯電話キャリア大手の3社の内の1社は、これまでプラチナバンドの周波数帯を持っていなかったために、他社より携帯電話がつながり難い状況が生まれていました。しかし、去年プラチナバンドの許可を得て、対応の基地局を急速に増やした結果、電波のつながりやすさが3社の中で最も良くなりました。それでも、以前のつながらないブランドイメージがあるため、テレビのCMなどでつながりやすさを強くアピールする戦略を取っています。そうした活動を行ってきたおかげで、今では電波がつながりやすいというイメージが徐々に浸透しつつあり、ブランド価値の向上に成功した例となっています。現在、無線通信は従来の携帯電話からスマートフォンへ移行してきています。スマートフォンはネット通信を頻繁に行うため、いわゆるパケ詰まりを起こさないようにすることが大事です。その点、通信品質が向上した携帯キャリアは、今後も競争優位性を出すことが可能だと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.