労働基準法に則った勤怠管理を実現させる

会社経営の中で一番やってはいけないことは、杜撰な勤怠管理です。なぜなら、勤怠管理をいい加減にやってしまいますと、最悪の場合、労働基準法に違反してしまう可能性もあるからです。社員の給料は全て勤怠状況を参考にして振り分けられると言っても過言ではありません。そして、大手の企業になればなるほど外部監査を通じて、必ずどのような会社経営をやっているのかという報告を公的機関にしなくてはならなくなります。ですので、この点において不正なことをしていますと、外部からの監査の目がよりきびしくなってしまいます。

そうなりますと、まともな経営は難しくなってしまうでしょう。では、労働基準法に反した管理をしないためにはどうすれば良いのでしょうか。それは、しっかりとした管理システムを導入することです。勤怠管理の杜撰さで一番困るのはどの部分かご存知でしょうか。これは、有給の扱いなのです。実は、労働基準法には有給休暇の扱いについてしっかりと書かれている条項があります。ある一定の日数、時間を働いている社員というのは、必ずこの有給を取らなくてはいけないことになっているのです。そうでないと、法律に反することになるからです。ここで厄介なのが、管理システムがしっかりしていないと有給の有無が全くわからなくなってしまうということなのです。

例えば、勤怠管理の状況上では明らかに有給がつくべき人間に対してそれがついていないという結果になっていますと、ほぼ間違いなく外部からの査察が入ることになります。これは、労働基準法違反だからです。有給の扱いというのは非常に難しく、勤怠状況を見て権利が発生しているのならば必ず与えなくてはいけません。既述の通り、大手企業になるほど外部の監査機関からの監査は絶対に必要になりますので、杜撰な管理をしていますとこのあたりの矛盾を必ず指摘されるようになります。これは、現在そうなっていなくても、近い将来必ず不利な状況に追い込まれます。このような状況に陥らないためには、しっかりとした管理のシステムを導入することが必要になるのです。特に、社員とのトラブルによって社会からの信用を失ってしまうようなことがありますと、会社経営の危機にすらなりかねません。法律と管理の二つをきちんと考えて対策を練っていくことは、会社を大きくし、かつ健全に経営していく上では欠かせないことなのです。もし勤怠管理の状況に不安があるような方がいるのならば、すぐにでも優れた管理システムを導入するほうが賢明でしょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.